【お役立ち情報】ストレスを解消することも大切な小顔

体重を効果的に痩せるためには痩せやすい体質を作ることが大前提となります。
決して難しいことはなく、今話題の骨盤ダイエットで理想的なスタイルを維持することが可能となります。 日常生活で筋肉疲労を生じてしまっている方は多いですが、その時に乳酸が蓄積されてしまっています。
リンパの流れが悪化してしまい、乳酸が溜まってきますと、水分の代謝も悪化してしまいますので、むくみなどといったトラブル症状が生じてしまうのです。

 

顔の神経を使い過ぎてしまうことになり、ストレスを溜めてしまうことで、顔が凝ってしまうケースは多くあります。
疲れやストレスが原因となって進行している可能性が顔の凝りは本人に自覚が無かったとしてもありますのでご注意ください。

 

特に激しい運動をしていないのにも関わらず、顔に疲れを感じることが頻繁にあるようでしたら警告とお考えください。
ストレスをなるべく溜めずに生活を送り、小顔体操や造顔マッサージを実践し顔の凝りをしっかりほぐしてあげましょう。



【お役立ち情報】ストレスを解消することも大切な小顔ブログ:19-07-13

減量中は、
食事は24時間3食バランスよく摂ることが大切なんですが、
毎食どれくらいの割合で摂ればいいのか気になりますよね。

理想の食事摂取カロリーの割合は、
6時:お昼:夕方=3:4:3とされています。

例えば…
24時間の目標摂取カロリーが1800kcalの場合は、
6時食540kcal、お昼食720kcal、夕方食540kcal
となるわけですね。

必ずしもこの割合でないといけないという事はありませんが、
お昼食に重点を置き、
6時食と夕方食は軽い食事で
済ませるというのがポイントです。

夕方食はどうしても豪華になりがちなので、
食べ過ぎることもなくなりますし、
胃にもやさしいですよ。

減量中でカロリーが気になったり、
食事のボリューム感が足りない時は、
肉や魚などのたんぱく質を少し控えめにして、
きのこや野菜・海藻類などをたくさん取ると、
食物繊維も取れるし、
お腹の満足感も感じられるのでおすすめです。

食事の時間が不規則で
お腹が空いてしまった場合は、
間食におにぎりやバナナなどを取り入れてみましょう。

お腹が減ると血糖値が下がるため、
思考回路や集中力が低下したり、力が出なくなりますが、
間食を取り入れることで改善できますよ。

また夕方食が晩遅くなってしまう場合は、
野菜中心の軽めの食事にしてみましょう。

晩は消費カロリーが昼に比べ少ないので、
高カロリーのものを摂ってしまうと
脂肪として蓄積されやすくなるので注意が必要です。

食事はバランスが大切です。
6時・お昼・夕方を規則的に取るのが難しいのなら、
賢く間食を利用して
食事を上手にコントロールしましょう!




このページの先頭へ戻る